suzumoku LIVE


/////////////////////////////////////////////////////////////////


2017年4月14日(金)NEW!

/////////////////////////////////////////////////////////////////



suzumoku

”生声生音”47都道府県ONE-MAN TOUR~手渡しの手紙~









2017年4月14日(金)


【出 演】 スズモク
【開 場】 18:30
【開 演】 19:00
【料 金】 前売り¥3000 当日¥3500 (※要1drk)




 ご予約・お問い合わせ


【電話予約】059−352−4680 (ラジカフェアパートメント)
【メール予約・お問合せ】locci@radicafe.com

radi cafe apartment

510-0086 四日市市諏訪栄町1−6  ( Google map )


※ 2014年、ラジカフェの場所が変わりました! 近鉄四日市駅より徒歩4分です

 お越しの際は公共交通機関、または有料駐車場をご利用ください。



//////////////////////////////////////////////////////////////





【スズモク/SUZUMOKU】

2007年、アコースティックギターを片手に音楽シーンに突如現れ、アルバム「コンセント」でデビュー。
その荒々しくも正確なフィンガリング、独自性、強烈な歌声は“オルタナティブフォーク”と形容された。当時の代表曲である「週末」は、社会に出て次第に世間に染まっていく若者の葛藤を歌い、時に優しく、時に厳しく、常に明確なメッセージを伝えようとする現在のスタイルの萌芽が、この時すでに見て取れる。

2011年、ツアー先の仙台に向かう道中で東日本大震災が起こり、被災。
現地での避難所生活の中、互いを助け合う心に触れ、「僕らは人間だ」を作曲。
震災から二日後にYouTubeで発表し、チャリティーソングとしても大きな話題を呼んだ。
そして、東北の状態をより多くの人々に伝えるべく、ツアーの続行を決意。同曲を全国に届けた。この体験から、メッセージをより遠くにまで届けたいという想いが強くなり、エレキギターを掴む。
以降、徐々にその音楽スタイルはフォークからロックへと変化してゆき、弾語りだけではなく、バンド編成でのライブも積極的に繰り出すようになる。

2013年、キャリア初のフルアルバム「キュビスム」を発表。
収録された「蛹」や「モンタージュ」は、独自の視点で捉えた様々な現代の側面を描き、その音楽性の広さと歌詞表現の多彩さを見せつけた。

2014年初頭、矛盾を抱えたまま空回りする社会に怒りをぶつけるが如く、さらに激しいロックサウンドへと移行。バンドを率い、“毎回新曲を披露する”という公約のもと、同年5月より渋谷“CHELSEA HOTEL”でのフリーライブを毎月決行している。

2014年12月10日、自身にとって音楽生活の集大成とも言えるワンマンライブも開催。
その場では2015年2月にリリースとなるニューアルバム「Tomorrow Comes」の超先行販売も行われた。

現在までにミニアルバム4枚、コンセプトアルバム3枚、フルアルバム2枚を発表。
デビュー前はギター職人という経歴の持ち主。